チームでつくる、感動経営のレシピ(26)『やらないことを、選べていますか?』

選べない、決めきれない自分のパターン。

選べない自分。決めきれない自分。

そのような経験はありませんか?

先日、フラワーアレンジしていて、気づいたことがあります。使える花は、全部使いたい。つまり、使わない花を選べない。
その結果、全体がまとまりのない、居心地の悪い仕上がりになりました。

花をアレンジしていく作業は、「選ぶ」「決める」の連続です。イメージを、決める。花を選ぶ。本数を、決める。場所を、選ぶ。長さを、決める。バランスを、決める。

やっぱりつかわない、を選ぶ。最後に、これでよし、を決める。
その、「選ぶ」「決める」の連続の中で、自分の普段の行動パターンがみえてきます。

私は、すごく迷います。

そして、迷っていると、自分の最初の“好き”すらわからなくなりました。途中、青い花をぬき、大きなグリーンを減らました。抜くときは、なくなると寂しくなりそうでこわいのですが、ぬいて、しばらく見ていると、これでいいと思える。そして次に、黄色の花も取り除いてみました。残った赤とピンクと白のお花で、わたしの大好きな仕上がりになりました。

手放すことでいきる。

今握りしめている、いろんな役割。立場。コンテンツ。物。人。心。それは、全部一緒にあるからこそ、とれるバランスもあるかもしれません。

でも、もしかすると思いきって手放すことで、自分もすっきりするだけではなく、かえってそれらも、それを必要としているところでいきいきと、できるのかもしれないと思いました。

あれもこれも、綺麗だし、素敵だし、手放すのは惜しいけれど、自分の色を決める。

それが第一歩。

仕事でも、同じことが言えると思っています。
その結果、一つ一つを、よりいかすことができるのかもしれません。


【感動経営のための質問】

「チームで、今やらないことは何ですか?」
[                           ]

この質問を、ぜひご自身に問いかけてみてください。
何か気づいたことがあれば、是非、行動にしてみてください。
気づくことも大事ですが、行動することがもっと大事です。